メールアドレス


【確認事項】※携帯のキャリアメールやプロパイダのアドレスでは受信できない場合がありますので、Gmailなどのフリーメールアドレスでのご登録をおすすめします。迷惑フォルダに案内メールが届く場合もありますので、受信BOXにメールが無い場合は迷惑フォルダもご確認ください。※お客様の個人情報を同意なく第三者に開示することはございません。プライバシーポリシーについて※ご登録いただいたメールアドレスには、(株)リヴァフリーより、定期的に情報を配信させていただきます。

 

まずはこれを見てください

 

 

 

 

この写真は、2019年3月に家族6人を連れてハワイ旅行へ行った時のお写真たちです。

 

これを聞いて、あなたはこう思ったかも知れない。

 

「けっ!また自慢か!」

 

と。いやいや、少しお話を聞いて欲しいんです。このページを読み切るまでに大体10分程度はかかるかと思います。

 

長い人生の中で、その10分。たった10分をここに使って最後まで読んでもらえれば、きっとあなたの日常での世界は大きく変わります。ぜひ、最後までお付き合いください。

 

そして!この2019年3月に家族6人でハワイへ行ってきた「航空券+ホテル代」についてですが、

 

「総額30万円前後」

 

でした。これを聞いて、あなたは高い!と感じたでしょうか?

 

もし、高いと感じたのであれば、この画像を見て下さい。

 

 

さすがに過去に戻って同じ条件を作ることは出来なかったので、2020年と同じ日付で「航空券やホテル」などもほぼ同じ条件でやってみた結果。

 

「家族6人で72万円超」

 

という結果に。それに対して、

 

「私が予約した旅行だと30万円前後」

 

あれ?何かがおかしくありませんか?

 

普通に有名な旅行サイトを介して予約をすれば「72万円」なのに対して、私が予約をすると「30万円前後」という半分以上も節約された旅行が出来てしまっている。これには大きなカラクリが存在するわけです。

 

「知らない」だけで2重も3重も損をしている
 1:「知らない」だけで旅行会社から利益を搾取されている

 2:「知らない」だけでクレジットカード会社からも利益を搾取されている

 3:「知らない」だけで繁忙期を理由に残席がないから行けない

 4:「知らない」だけで繁忙期を理由に旅費が高騰して普段の2倍以上も支払っている

まずは1つ目。

 

「知らない」だけで旅行会社から利益を搾取されている

 

旅行会社がどうやって利益を得ているのか?それは、簡単に言えば。

 

「航空券の価格差」

 

これが一番大きいと私は感じています。実際、今回のハワイ旅行に限らず、約3年近く前にもハワイ旅行へ行ったことがあります。そこで、契約した会社は「大阪駅にあるH.I.Sハワイ専門店」という会社。

 

当時は、家族5人(1人は8ヶ月なので航空券などは不要)という状態で、

 

「4泊6日」

「今回と同じホテル(アストンアットザワイキキバニヤン)」

 

という条件で契約したわけですが、当時のハワイ旅行への費用はいくらだったのか?

 

◆当時の写真

 

 

・・・

 

・・

 

 

「総額60万円」

 

高い、、、当時は無知だったので、「まあハワイだし。これくらいはするんだろうな、、、」って思っていたんですが、今考えればメチャクチャに高い旅費

 

今よりも、

 

「宿泊する日数も少ない」

「家族の人数も少ない」

「ホテルも同じ」

 

っていう条件で、私が予約したハワイ旅行の2倍近くの費用を旅行会社へお支払いしてしまっていたわけです。

 

このように私たちは、ちょっとのことを「知らない」というだけで旅行会社から2倍以上の旅行費を搾取されてしまっているという紛れもない事実なのです。

 

そして、2つ目。

 

「知らない」だけでクレジットカード会社からも利益を搾取されている

 

クレジットカードといえば、よく目にするのが「ポイント制度」でしょう。このポイント制度についても「知らない」というだけでクレジットカード会社から利益を搾取されていることをご存知でしょうか?

 

クレジットカードのポイントといえば色んなものに交換することが出来ます。例えば、

 

 カタログギフト

 家電製品

 食料品

 ギフトカード

 航空マイル

 日用品

 

で、クレジットカード会社がこのポイント制度でどうやって私たちから搾取しているのか?その証拠がこれです。

 

・ポイントで商品を交換した場合(12000ポイント消費)

 

・同じ商品を楽天市場で購入した場合(3758円)

 

ってことはですよ?単純計算で言えば、

 

「12000ポイント = 3758円」

 

ってこと。これをポイント交換率にすると、

 

「1ポイント = 0.31円の価値」

 

ということに。頑張って貯めたポイントが1ポイントで「0.31円程度」で交換されてしまうなんて、とんでもないボッタクリですからね。ホントに。

 

本来、ポイントってのは、最低でも等価交換

 

「1ポイント = 1円」

 

はないと貯める意味もないし、割りに合わないわけです。まさに昔のパチスロ店であった、

 

「交換率8枚」

 

って感じで、完全にお店が最初から勝てる交換率でクレジットカード会社から搾取されているってわけです。(分かるかな?)

 

クレジットカード会社は多くの方が「知らない」というだけで、ここぞとばかりにとんでもなく低い交換率で私たちから搾取し続けています。

 

そして、3つ目と4つ目。

 

「知らない」だけで繁忙期を理由に残席がないから行けない

「知らない」だけで繁忙期を理由に旅費が高騰して普段の2倍以上を支払っている

 

日本ではゴールデンウィーク、シルバーウィーク、春休み、夏休み、冬休み、年末年始。といった感じで、多くの日本人が一斉に休み、多くの日本人が同じ期間に集中して旅行に出かけたりします。

 

サービスというものは本来、同じような内容だったとしても「需要と供給」によって差が出るもの。

 

こういった長期休暇であれば放っといても「需要」があることが分かっているので旅行会社も価格を大きくあげて用意していることがほとんど。

 

そして、このことを理解せずに、

 

「どうせ休みはこのタイミングでしか取れないし仕方がないから払おう」

 

って思っている人が旅行会社から搾取されているわけです。私が2019年の3月に行った家族6人でのハワイ旅行は、まさに、

 

「春休み」

 

に直撃するタイミングでした。それでも、

 

「本来の半分以下の価格」

 

で節約して旅行出来たわけです。しかし、多くの一般人がこの方法を「知らない」わけです。

 

この「知らない」というだけで、私たちは多くのことで損をしてしまっています。まさに、ことわざでもありますよね?

 

「無知は罪なり」

 

まさに、その通りなのです。

 

私たちは「知らない」ことが当たり前だと思っているでしょうが、その「知らない」ことによって多くの損をしてしまっている。

 

知っていれば出来たことも、知っていれば子どもたちに経験させることが出来たことも。親である「私たちが知らなかった」それだけで機会を損失してしまっていることなんて多くあるわけです。

 

ポイントの交換率がもっとも高いのはマイル

先ほども実際の画像でお伝えした通り、クレジットカード会社のポイント制度を使って商品を交換した場合、

 

「1ポイント = 0.31円」

 

という、かなり低い交換率での取引となっていました。じゃあ、ポイントをどのサービスへ交換するのがもっとも交換率が高いのか?それが、

 

「航空会社のマイル」

 

なわけです。今回、家族6人(内1人は生後10ヶ月)を引き連れて行ったハワイ旅行ですが、実は、ANAマイルを使って旅行しました。

 

 

そして、これと同じ条件で航空券を予約した場合、

 

 

もし、本来の航空券を支払った場合は、

 

「47万2100円(税金を除く)」

 

となるわけですが、これが

 

「ANAマイルを使用した場合は0円

 

となるわけです。ちなみに、クレジットカード会社の多くは、

 

「1ポイント = 1マイル」

 

なので、今回使用したマイル数で交換率を考えると、

 

「20万マイル(20万ポイント) = 47万2100円分」

 

となるわけなので、交換率は、

 

「1ポイント = 2.3円の価値」

 

ちなみに、何も考えずに商品などへ交換した場合は、

 

「1ポイント = 0.31円の価値」

 

でした。単純に考えて、

 

「2.3円の価値 vs 0.31円の価値」

 

一体、どちらがお得なのかは考える暇もなく分かりきっていることだと思います。

 

「たった1つ」を変えるだけで大きく変わる

じゃあ、このANAマイルを貯めるために私がやったことはなんだったのか?必死になってお金を使いまくってポイントをためまくったのか?

 

いいえ、違います。私がやったことは「ただ一つ。」

 

「支払いの90%以上をオススメのクレジットカードへ集約した」

 

私がやったことは、これだけだったのです。たったこの1つを変えるだけでも、

 

 「知らない」だけで72万が30万に節約された

 「知らない」だけでポイント交換率0.31円が2.3円まで上がった

 「知らない」だけで価格が高騰する春休みで正規価格の半分以下で旅行できた

 「知らない」だけで残席が残っていない春休みで家族6人分が取れた

 

たったこれだけを変えるだけでも、これまで当たり前のように払ってきた旅行会社などの業者への支払いは半分以下へと抑えることができました。

 

この抑えられたお金を次回に向けて残しておくのも良し、現地での体験などにお金を使うことも良し。たった1つを変えるだけで選択肢は大きく広がったわけです。

 

もちろん国内旅行もマイルで費用を抑えれます

 

これまでにお伝えしてきた内容は、

 

「家族6人でのハワイ旅行」

 

という、日本ではあまり多くない大所帯の家族でのハワイ旅行ということもあり「私には無理だ」と感じてしまうかもしれません。

 

ただ、私が本当に望んでいることは、

 

「家族3人でも、4人でも国内旅行を楽しんで欲しい。余裕があれば海外旅行も」

 

というのが私の本音です。このマイレージ戦略は海外旅行でしか出来ないと思うかもしれませんが、実際は国内旅行でもしっかりと活用できます。

 

例えば、私は大阪に住んでいるわけですが、

 

「大阪から沖縄」

「大阪から北海道」

 

といった国内旅行でもマイルを使えばお得に旅行できてしまうわけです。

 

さらに私の家族は6人という大所帯なので「1回の旅行で使用するマイル数」もかなり多くなりますが、一般的なご家庭であれば、もっと少ないマイル数でお得に旅行できます。

 

クレジットカードの使用金額にもよりますが、

 

「年に1回程度の国内旅行がほぼタダ」

 

で出来てしまうことだってあります。(ここだけの話、クレジットカードのポイントだけでなくマイルはお得に購入することだって出来ます)

 

ただし!ANAマイルへは「ど素人中のど素人」

ここまで偉そうに語ってきた私ですが、実は、

 

「ANAマイルを貯めるマイラーは【ど素人中のど素人】」

 

だということを理解しておいてください。なぜなら、

 

「ANA = 有名中の有名」

 

だからです。これはビジネスでも、マイルでも、日常生活でも同じですが、

 

「人々は統計学的に見ても有名なところへ集まってくる習性」

 

があります。ということは、

 

「多くの方がANAマイルを貯めて、ANAマイルを使って航空券を取得して旅行する」

 

ってことが起こっていて、実際、今回紹介した家族6人でのハワイ旅行は、

 

「旅行日の約5ヶ月前」

 

から予約して、ようやく航空券が空いていたというレベルでした。それくらい、

 

「ANAマイルを貯めてマイラーは【ど素人中のど素人】」

 

ってことです。

 

「ちょっと知る」だけでライバルも費用も減る

ただ、私たちは「ちょっと知る」だけでライバルとの競合も、旅行費用も大きく減らすことが出来ます。

 

多くの方は過去の私のように、

 

「ネットで少し調べた情報で満足」

 

してしまっていることがほとんど。その結果、クレジットカードに支払いを集約してポイント貯めたとしても。

 

そのポイントをANAマイルを貯めたとしても、ライバル多数によって、

 

「使うことが出来ずに有効期限を失効する」

 

なんてことが普通に起こってしまっているわけです。また、さらに今回の家族6人でのハワイ旅行では、

 

「航空券はタダ。でも、税金や空港使用料などで14万近く」

 

を支払うことになりました。この税金や空港使用料だって、実は「ちょっと知る」だけで大きく費用を下げることが可能なわけです。具体的な数字でいえば、

 

「税金や空港使用料など 13万円→3万円前後」

※もっとしっかりとマイルのことを学べばこれらも0円にできる可能性もある

 

にまで「ちょっと知る」だけで費用を抑えることが出来ます。

 

マイルは貯めるだけでなく「買える」という事実

そして、ここまで話を聞いてきてあなたはこう思ったかもしれません。

 

「そこまで毎月の支払いもないしマイルなんて貯まらないから関係ないな」

 

と。いやいや、マイルは貯めるだけでなく、

 

「マイルを買う」

 

ことだって出来るんですよ。知ってましたか?そして、これを聞いて、また思ったことでしょう。

 

「マイルを使ってお得に旅行するのに、マイルを買うって本末転倒じゃないの?」

 

と。そこで1つ、とんでもないお得な情報をあなたにお伝えしておきます。例えば、

 

「大阪から東京まで旅行したい」

 

という場合、主要の交通機関を使った場合、費用はこうなります。

 

「新幹線で往復2万8千円」

 

そして、

 

「旅行会社を経由して航空券を購入した場合、往復3万円前後」

 

と。これがマイルで航空券を取得した場合は、どうなるのか?

 

「往復10000マイル」

 

で大阪と東京を往復することができます。で、先ほどもお伝えしましたね。

 

「マイルは購入することが出来る」

 

と。今回のマイレージ戦略内でオススメしているマイルの場合、平均すると

 

「1マイル=1.5円」

 

で購入できちゃいます。ってことは、

 

「10000マイル × 1.5円 = 1万5千円」

 

大阪と東京を往復できるわけです。比較すると、

 

「新幹線や航空券を普通に購入した場合は往復3万円前後」

 

なのに対して、

 

「マイルを購入した場合は往復1万5千円」

 

になると。単純に考えても、この方法を「ちょっと知る」だけで、

 

「普段、支払っている金額の半額で旅が出来てしまう」

 

ということ。これを「知らない」ってだけで、私たちは本当に損を積み重ねています。

 

そして、「ちょっと知る」だけでも、これだけの日常的な移動も半額以下に抑えることが出来てしまう。それがマイレージ戦略なわけですね。

 

 

その「ちょっと知る」を教えてくれるマイレージの神をご紹介します

マイレージの神(月間15万PVの神ブロガー)

プリドー安斎 亮介(通称:PAR)

2017年6月にBoardingAreaのオフィシャルブロガーとして日本人初と就任し、彼が毎日記事を書き続けている旅行ブログは「月間15万PV以上のアクセス」を呼び込む神ブロガーでもある。普通では取得するのが困難なメンバー資格を軒並み取得するほど飛行機を愛し、マイルを愛し、旅を愛する男。

 

◆彼が取得するメンバー資格◆

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) Executive Club ゴールドゲストリスト(ワンワールドエメラルド)

ヴァージン・アトランティック航空(VS) Flying Club ゴールドメンバー

ANA(NH) ANA Mileage Club スーパーフライヤーズ(スターアライアンスゴールド)メンバー

シンガポール航空(SQ) KrisFlyer ゴールド(スターアライアンスゴールド)メンバー

ワールドオブハイアットグローバリスト

IHGスパイアアンバサダー

ヒルトンダイヤモンドメンバー

ランガムホテル 1865 Privilege Voyager

マリオットBonvoyプラチナメンバー

アコーホテルズLe Clubプラチナメンバー

シャングリ・ラホテルゴールデンサークル ジェイドメンバー

ベストウェスタンダイアモンドセレクトメンバー

 

すでに取得して使用したマイル数は「1000万マイル以上(最低でも2000万円から3000万円の価値)」にまで登り、マイルを効率的に貯めて、効率的に使う方法を熟知しているマイレージの神。

 

そこで「ちょっと知る」から「めちゃくちゃ知る」までを全てミッチリと解説してくれるマイレージの神とご縁があって繋がることが出来たため、今回マイレージのすべてをお話いただけることをお約束していただけました。

 

なぜ、このマイレージ戦略を公開するのか?

こうやってマイレージの神をご招待してマイレージ戦略を話してもらうことをすれば、

 

「いやいや、ANAマイルと同じようにライバルが増えて競合も増えてしまうんじゃないの?」

 

とあなたは思ったかも知れません。もちろん、今回のお話を公開することで多少なりともライバルは増えて競合も少しだけ上がるかも知れません。

 

ただ、それ以上に大切な理由が存在しています。

 

このページを書いている私(子龍)は、幼少期から両親の不仲によって辛い時期を長い間(10年以上)も経験してきました。

 

バブル崩壊とともに父親の仕事は激減し、収入も激減。母親はパチンコ依存症。

 

「金の切れ目は縁の切れ目」

 

というコトワザがある通り、バブル崩壊とともに両親は一気に不仲になり毎日、毎日怒鳴り合い、殴り合いの喧嘩を繰り返していました。

 

朝も昼も夜も関係なく顔を合わせれば怒鳴り合い、殴り合いの大げんか。そのことが原因で、

 

「周りの家族が寝るまで寝れないというトラウマ」

 

を負った時期もありました。(いつ怒鳴り合い、殴り合いが始まるか分からない恐怖)

 

そういった時期を長い間、経験してきたからこそ。

 

「親として子どもたちにできることは全力でしてあげたい、環境を整えてあげたい」

 

と想って日々、ビジネスに励み頑張ってきました。

 

そして、その環境を整えるためにはいくつかの条件が存在しています。その1つが、

 

「妻の笑顔を絶やさないこと」

 

あなたが普段のお仕事が大変なのも分かる、週末しか時間がない、大型連休して取れない。

 

だから、旅をしようと思っても席は空いていないし、価格も高騰して思い切って家族を旅行へ連れていけないという気持ちもすごく分かります。

 

ただ、家庭やビジネス、お仕事。何事においても、

 

「妻が笑顔じゃないと」

 

うまく行きません。

 

妻が「沖縄に行きたい!」と言えば、私たち夫は、「よし!行こう!俺がうまく行き方を知ってるからやっておくよ」と快諾して実現してあげる力をつけなければなりません。

 

こんな、ちょっとしたことでも妻が笑顔になり、あなたを尊敬してくれることだってあります。そして、

 

「子どもたちの成長は勉強だけでは補えない」

 

私自身、独立してから8年以上が経過し、これまでに多くの海外や国内を飛び回って多くの経験や知見を広げてきましたが、やはり。

 

「経験に勝る成長はない」

 

ということを実際に旅をしてみて感じています。

 

もちろん、机の上でお勉強することも成長に繋がります。それ以上に

 

「実際に飛行機に乗り、各地へ赴いて【その土地の空気や人と触れ合うこと】」

 

これをすることで子どもは勉強するよりも大きく成長します。

 

そして、これまでにビジネスをやってきて、多くの年収1億を超える成功者たちと会ってきて

 

「たくさんのことを知り、たくさんの経験をしている人は箔(ハク)が違う」

 

ってことを実感しています。人はたくさんのことを知り、たくさんのことを経験することで話す言葉や自信などへと繋がります。

 

だからこそ、

 

「全国各地へ行ってみて経験する」

 

この成長できる環境を子どもたちに用意してあげてほしいのです。そして、妻を笑顔にしてあげて欲しいのです。

 

そうすることで私が幼少期に経験したような辛い想いと同じ想いをさせることなく、家庭を円満にすることへの一助とすることが出来ます。

 

今回の無料メルマガではこんなことが学べます

 

 マイレージを「知らない」だけでどれだけの損を積み重ねているのか?

 「ちょっと知る」だけで旅行費用が半額以下になる方法とは?

 マイルは貯めるだけじゃない!マイルは○○することで効果を発揮する

 新幹線に乗るよりもマイルを使った方が断然お得な理由とは?

 貯めるマイルはANAマイル?JALマイル?

 マイルを「ちょっと知る」だけでどんなお得な旅が出来るのか?

 マイルのど素人がやってしまうよくある間違いとは?

 ほとんどの人がマイルに交換しても有効期限を切らしてしまう理由とは?

 子どもたちがもっとも成長するのは勉学?体験?

 マイルを学ぶことは家庭円満にもつながる理由とは?

 1マイルは1円の価値じゃない。その理由とは?

 私たちは旅行会社やクレジットカード会社からどれだけムダなお金を搾取され続けているのか?

 日常生活であることを1つ変えるだけで世界が大きく変わる理由とは?

 
 

メールアドレス


【確認事項】※携帯のキャリアメールやプロパイダのアドレスでは受信できない場合がありますので、Gmailなどのフリーメールアドレスでのご登録をおすすめします。迷惑フォルダに案内メールが届く場合もありますので、受信BOXにメールが無い場合は迷惑フォルダもご確認ください。※お客様の個人情報を同意なく第三者に開示することはございません。プライバシーポリシーについて※ご登録いただいたメールアドレスには、(株)リヴァフリーより、定期的に情報を配信させていただきます。

 

 

 


 

現時点でクレジットカードを持っていますが、そのまま同じクレジットカードを使ってもマイルを貯めることはできますか?
これは現在使用されているクレジットカードにもよりますが、基本的には普通に持たれているクレジットカードよりもオススメのクレジットカードを新たに持った方がマイルを効率的に貯めて使うことができます。マイレージ戦略を忠実に実践する意味も込めて講座内でオススメしているクレジットカードを新たに発行して、そのクレジットカードへ多くのお支払いを集約することをオススメします。
マイルにはゴールデンウィークなどの概念は存在しますか?
マイルの種類は1つだけでなく何十種類も存在しています。その中にはゴールデンウィークや週末などが影響することもあれば、東京からイギリスのように日本のゴールデンウィークはオフシーズンピークとして判断しているマイルもあります。それらを賢く貯めて、賢く使うことで効率が良いマイル旅行を組み立てれるようになります。
なぜ、マイルだと安く旅行ができるのですか?
通常、航空券は旅行会社やオンラインサイトから購入しますが、現金で支払った場合とマイルで交換した場合の比率が明らかにおかしかったりします。例えば20万円という航空券の場合、20000マイルで航空券が取れるなんてこともあるわけです。ちなみに、マイルはクレジットカードの使用だけで貯めるだけでなく「1マイル1.3円で購入」なんてこともできるわけで、そうした場合「現金で購入すると20万円の航空券だったものが、20000マイルを購入したことで2万6千円で同じ航空券が取れる」なんてこともあります。これこそ「ちょっと知る」だけで大きく日常の世界が変わることなわけですね。
すでにANAマイルやJALマイルを少し貯めてしまった場合、どうすれば良いでしょうか?
その辺りも動画コンテンツ内で解説しますが、基本的には貯めてしまったものは移動できないので、ANAマイルやJALマイルを使って近くへ旅行して搭乗マイルを動画内でオススメしているマイレージプログラムへ追加する方法がオススメです。
基本的に週末(土日祝)しかお休みが無いですがマイルを有効活用できますか?
はい、何の問題もなくマイルを有効活用できます。ただし、さすがに大型連休となるとエコノミークラスであったとしても、出発地を工夫するなどをして取れるかどうかの状態になります。もし、大型連休に旅をすることが決まっているのであれば、私たち家族6人のように5ヶ月前や半年以上前からというタイミングでマイルを有効活用してお得に席を取得しておくこともできます。そうすることで、旅行会社を経由して予約するよりもお得に旅をすることが出来たりします。
旅行をする時間はあってもお金が無い場合はマイレージ戦略を実行できるでしょうか?
もちろん普段の日常生活でお支払いしている決済方法をオススメのクレジットカードへ集約すれば可能ですが、あまりクレジットカードでのお支払いが少ない場合はマイルもたまりにくいので3年に1度などの頻度でマイルで旅行できるくらいになるかと思います。マイルを上手に購入すれば旅行会社を使った場合の半分以下になりますが「そのマイルを購入するお金が無い」ということであればコツコツと貯めていくしかありませんね。
すでにクレジットカードでコツコツとポイントを貯めてきましたが、いつも有効期限を切らしてしまいます。マイレージ戦略を学べば有効活用できそうでしょうか?
クレジットカードのポイントというものは使うことがなければ取得したことにはなりません。お使いのクレジットカード会社のポイント交換制度にもよりますが、マイルへの交換が可能であれば今回のマイレージ戦略でオススメするマイレージクラブへのポイント交換も可能になるかと思います。もし、オススメのマイレージクラブへのポイント交換ができなければANAマイルやJALマイルへ交換する。もしくは、交換率は悪くても何かしらの商品などに交換してしまう。ということになるかと思います。
格安航空を最近使ってます。普通の航空会社を利用してマイレージをもらった方がお得でしょうか?
そうですね、有償で購入すればもちろんマイレージが貯まるので貯めたマイレージでビジネスクラスに搭乗できます。LCCだと何も残らないけどJALやANAに乗ったらマイレージが残る。LCCだと大阪沖縄片道6,000円くらいですが、荷物代とかを入れるともう少しかかります。座席指定も有料です。結局、片道10,000円近くかかってしまいますね。一方で、マイレージを使えば「空港使用料のみ」なので大した金額ではないです。快適さを格安で買うイメージですね。格安航空との違いを挙げれば、なかなかキリがないですが、言えることは格安航空を使うよりもマイルを賢く使ったほうが断然お得なのは間違いありません。

 

 

 

最後に安斎さんからメッセージをいただけました

 

自分がマイレージと出会ったのは2016年。きっかけはやっぱり、家族でした。

 

長男が産まれ、妻の実家があるイギリスへ里帰りする際のコストをいかに抑えるか、を考えていた時にマイレージと出会い、お得さ・面白さにどんどんのめり込んでいきました。

 

あれから3年が経ち、自分のマイレージに対する知識・経験も積み重なり今では家族4人、ビジネスクラスでいろいろなところを旅しています。

 

2019年だけでも、家族で

 

・香港
・韓国
・モナコ
・オーストラリア
・ニュージーランド

 

へ行き、年末には家族でイギリスへ帰省します。

 

自分一人でも、最低月1回は海外へ出て知識・体験のインプット、及び、得た知識の実践(アウトプット)を行っています。

 

こんなことができるのも、マイレージのおかげなんですね。

 

好きこそ物の上手なれ、とはよく言ったもので、飛行機・ホテル・旅が好きだからどんどん貪欲に情報を収集し、コストを抑えて各航空会社・ホテルの上級会員となり、旅をより快適にするための情報提供を行っています。

 

JAL/ANAだけではなく、世界中のマイレージプログラムを駆使して世界中を移動しています。

 

というか、JAL/ANAのマイレージだけではこんなにお得に世界中を飛び回ることはできません。

 

ある方面にお得に行こうと思った場合、その方面を得意としたマイレージプログラムを利用するべきなんです。

 

自分はマイレージのコンサルティングも行っているのですが、あるクライアントのアメリカ家族旅行の旅費を120万円節約する提案をして、とても喜ばれたこともあります。

 

マイレージは、1マイル1円の価値ではありません。

 

使い方によって、現金で購入した航空券の10倍以上の価値を出すことができる、旅慣れた人にとっては必須の武器なんです。

 

今回、世界を飛び回るための「マイレージ」という武器の手に入れ方、使い方を丁寧に解説するためのセミナー・グループを、お世話になっている政宗さん、中城さんと共に立ち上げさせてもらうことになりました。

 

お二方とも家族をとても大切にされる方で、家族と快適に旅をしたい!という想いに自分が応える形で、世界中を旅をするために必要な情報を価格を抑えて提供させていただきます。

 

自分がお伝えする内容は、インターネットに出回っているものだけではありません。

 

自ら行動・実践して、インターネットでは伝えられていない「本物」の情報を伝える、ということにことに強いこだわりを持って旅をしています。

 

ちょっとしたことを知っているだけで、同じコストでビジネスクラス・ファーストクラスに搭乗したり、高級ホテルのスイートルームに立て続けに宿泊することだってできるんです。

 

ついこの間も、ヨーロッパへ行った時に

 

・行き :
成田 – シンガポール – ドーハ – ストックホルム
-> 全てビジネスクラス(一部有償で購入・一部マイレージ)

 

・帰り :
フランクフルト – バンコク – 羽田
-> 全てファーストクラス(マイレージ)

 

という旅程を、JPY200,000程度の費用で済ませています。

 

本当に、知っているか知らないか、だけの差なんですが、セミナー・グループの中ではその「差」を埋めるための提案・情報共有をしていきます。

 

自分のような変態的な旅をする必要はありませんが、家族皆で快適に旅をするための武器を手に入れていただくと同時に、絶対的な金額が安いものを手にいれるのではなく、高額なもの・サービスを、コストを抑えて手に入れるというマインドへシフトしていくための考え方も身につけていただきたいと思っています。

 

常にそう考えるクセをつけると、あなたの人生のステージも自然と上がっていきます。

 

あなたも自分と共に、もう一つ上へのステージへ上がってみませんか?

 
 

メールアドレス


【確認事項】※携帯のキャリアメールやプロパイダのアドレスでは受信できない場合がありますので、Gmailなどのフリーメールアドレスでのご登録をおすすめします。迷惑フォルダに案内メールが届く場合もありますので、受信BOXにメールが無い場合は迷惑フォルダもご確認ください。※お客様の個人情報を同意なく第三者に開示することはございません。プライバシーポリシーについて※ご登録いただいたメールアドレスには、(株)リヴァフリーより、定期的に情報を配信させていただきます。